アゴの大人ニキビの原因と対策

アゴの大人ニキビの原因と対策

アゴにできる大人ニキビの原因は、生理周期によるホルモンバランスの変化で起こります。

 

PMS(月経前症候群)をご存知でしょうか?
排卵日が終わって次の生理が始まるまでの間に色んな心身の不調が出ることをいいます。

 

眠気、睡眠過多、だるさ、イライラ、腹痛、頭痛、便秘、下痢など様々な症状があります。その中にニキビもあります。排卵が終わると、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌は減少し、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌がさかんになります。

 

妊娠しなかった場合、黄体ホルモンの分泌が急に減り、ふたたび卵胞ホルモンの分泌が増える変化によって色んな症状が起こります。そのホルモンバランスの変化によってアゴにニキビができるのです。

 

「いくらホルモンバランスの変化だと分かっても、場所まで決まってるって本当なの?」と思う方もいるでしょう。現に私も、生理前になると鼻下やおでこに忘れられないほどひどいニキビができたこともあります。

 

しかし、一番発生率が高いのがやはり、あごニキビです。

 

なぜ、研究者はアゴにできると分かるんだろうと思いつつ、不思議とアゴにニキビができるんです。ホルモンバランスによるものなので、しっかりニキビケアをしても出来てしまう場合も多いです。

 

大人ニキビ化粧品でしっかりケアをして、早く消失させるのが得策です。

 

また、根本的な対処法として低容量ピルを服用するなどの方法もあります。低容量ピルを飲むと、生理も格段に軽くなります。最近の研究では、低容量ピルを飲むと、乳がんや子宮がんのリスクも減らせるんです。

 

だから、飲むことを躊躇することはほとんどありません。

 

私が通っている産婦人科の看護師さんのほとんどは、低容量ピルを服用しているとのことでした。それくらい安心なので、もし、とてもひどい生理前のニキビに悩んでいるなら検討してみても良いと思います。